太陽物理



太陽軟X線全面像
太陽軟X線全面像(宇宙研提供)

太陽は、恒星の中でももっとも近所に位置していることで、古くから研究が なされてきました。Galileiによる黒点スケッチにはじまり、19・20世紀における 天体物理学黎明期にその観測対象としてさかんに研究がなされてきたのです。その結果 いくつかの謎が提起されました。それらの謎のいくつかは何十年にもわたる 数多くの人々の努力にもかかわらずまだ解かれていません。 ここではそれらの謎を解説します。